京都クロスメディア・クリエイティブセンター

Cross KYOTO 設立記念!キックオフセミナー  「世界はこんなに日本好き!京都の特性を活かしたコンテンツの海外展開」

日本のクリエイティブパワーに対する海外の評価は高く、アニメ、マンガ、ゲームから、映画、音楽、ファッション、伝統工芸にいたるまで日本文化そのものへの関心も高まっています。 一方で、そうしたクリエイティブパワーをビジネスに活かしきれているかといえば、必ずしも十分とは言えいない状況です。

本セミナーでは、ノンバーバル・パフォーマンス『ギア -GEAR- 』等これまで数々の芸術創作のプロデュースを手がけてきた小原啓渡氏にご登壇いただき、クリエイティブパワーをビジネスとして持続的に展開にしていく方策について、その経験、事例などを交えながら語っていただきます。

概要

日時 平成26年3月28日(金) 17:00~19:00
会場 KCC/京都クロスメディア・クリエイティブセンター フリースペース
京都市中京区御池之町323 ミサワ京都ビル4F

【アクセス】
京都市営地下鉄烏丸線・東西線「烏丸御池」駅北改札口②番出口徒歩2分
京都市バス 15, 51, 65 系統「烏丸御池」停留所下車徒歩2分


大きな地図で見る
内容 17:00~ KCCのご紹介
17:10~ ご講演/小原啓渡 氏
18:00~ 交流懇親会
参加 無料 (懇親会は500円)
定員 30名(定員となり次第締め切らせて頂きます)
申込 京都クロスメディア・クリエイティブセンター
資料 このセミナーに関するチラシを こちらからダウンロードできます(PDF)
主催 京都クロスメディア・クリエイティブセンター,京都府,京都市
小原啓渡氏 氏

 1960年兵庫県出身。舞台照明家として活動後、1999年京都市にアートコンプレックス1928を立ち上げプロデューサに就任。劇場プロデュース他、「文化支援ファンド」の設立や造船所跡地をアートスペース「クリエイティブセンター大阪」に再生するなど、芸術環境の整備に関わる活動を続ける。他にも、文化芸術を都市の集客につなげる数々のプロジェクトを打ち出している。2006年、指定管理者として大阪市立芸術創造館の管理運営を始め、館長に就任。2012年より日本初・日本発のノンバーバル・コンプレックス・パフォーマンス『ギア -GEAR- 』の公演をプロデュース。

お申し込みはこちら